宣伝効果の高いチラシを作るなら|チラシ印刷業者に頼もう

ハガキの印刷

ハガキ

業者を利用した時の流れ

通常のハガキと比べて、圧着ハガキは情報を掲載する量を倍以上に増やす事ができるため、商品やサービスの宣伝でよく使用されます。業者を利用して圧着ハガキを作成する時の流れとしては、最初に見積もりを依頼する事から始めます。最近では業者のサイトから見積もりを依頼する事ができるため、複数の業者からスムーズに見積もりを取れます。圧着ハガキを依頼する業者が決まったら印刷する用紙やサイズ、納期や部数を選んで業者に注文します。次に圧着ハガキを印刷する際の見本となる、画像データを業者に送ることになるため、事前にデザインをデータとして用意しておくと良いです。見本となるデザインのデータは業者によって送り方が違いますが、メールで送信したり専用のアップロードサービスを利用することが多いです。送信するデータは容量が大きすぎると業者に送れない事があるため、業者が指定する形式にデータを変換して送信します。データの送信が終わったら、業者に見本とする圧着ハガキのイメージを確認してもらい、正しく印刷できるかチェックを行います。この時点で見本とするデザインに問題があった場合には、業者と相談してデザインの修正をします。印刷をするための見本が完成したら圧着ハガキの印刷を開始し、納期までに指定された場所に発送します。圧着ハガキを発送するときの送料は無料の業者が多いですが、発送先が複数の場合には送料が別に必要になります。全ての工程が終わったら、銀行振込や代金引換によって支払いを終えます。