宣伝効果の高いチラシを作るなら|チラシ印刷業者に頼もう

制作の基本的な流れ

色見本

制作フローとは何か

チラシのデザインを、業者に頼む場合の時の制作フローというのは基本的にどこの企業も大体決まっています。納品までの流れとしてはまずチラシのデザインを頼みたい会社に問い合わせをします。デザイン制作会社の選び方としては、クオリティが高くて評判のいい企業、実績があり、外国人デザイナーも多く在籍してたりするところなどが主に選ぶ基準です。予算が多くない場合は、フリーランサーなどに頼む方法もあります。フリーランサーは企業に属してないデザイナーやプログラマーの人達の事を指します。フリーランサーの方々はフリーで仕事を請けおっている方達なので制作料金など値切れたりする場合があります。なので、予算が少ない場合はフリーランサーなどに頼んでみてもいいでしょう。ただ、フリーランサーに頼む場合、確実にクオリティの高いデザインを作る人を見分けるのは難しいです。高クオリティのデザインを確実に作れるのが、フリーランサーより、専門的なデザインの制作会社です。制作会社に頼む場合の一番のメリットはやはり高クオリティな物が作れる確率が高いことです。特にチラシやフライヤーなど専門的に行っているとこは技術が高い傾向にあります。そして次にヒアリングと呼ばれる工程です。ヒアリングの工程は使いたい色、フォント、デザインの方向性、ターゲットや目的などを担当者と話し合います。他にも見積書の提示などがあります。それが終わるとデザインの制作を開始してもらえます。そして次に、デザインの校生です。校正というのは赤ペン習性みたいなものです。初校提出、2校提出、3校提出までがります。最後に納品、印刷で、チラシデザインの場合、部数や紙の種類を担当者と確認し合って合意が得たところで納品をします。これが基本的な制作フローになります。